遺品整理は親族への負担が大きくなってしまう・・・そうなる前に生前整理

遺品整理は家族への負担が大きいです。生前整理で家族の負担を減らしましょう。 - 遺品整理は親族への負担が大きくなってしまう・・・そうなる前に生前整理

遺品整理は親族への負担が大きくなってしまう・・・そうなる前に生前整理

qwhtrs
故人が旅立った際に残されるものは思い出だけではありません。多くの場合、そこには遺産と遺品が残されます。では、遺産と遺品はどこが違うのでしょうか?
それは、遺産が財産価値の高いものなのに対して、遺品は財産価値の低いものなのです。つまり、遺産とは不動産、車、株式などであり、遺品は故人の日記、古びた家具、洋服、故人が好んでいた音楽CD、小説などです。遺品の種類は多岐にわたり、独立して住居を構えていた故人がお亡くなりになった場合、その家の中のもの丸ごとが遺品になることもあるのです。
遺品整理は非常に大変です。まず、捨てて良いものか残すものかの判断を行い、捨てて良いものはそれぞれの分類にしたがって処分しなければいけません。家具一式が遺されている場合などは、遺品整理の大変さは想像を絶します。
そして、ご遺族の方たちは、それを故人を失った悲しみの中で行わなければならないため、肉体的な負担のみならず、精神的な負担も非常に大きくなります。

ご遺族の負担を減らす生前整理という方法

さて、このように大変な遺品整理ですが、みなさんは生前整理という方法があるのをご存知でしょうか?これは文字通り、ご自身が生きているうちに、ご自身の遺品となりそうなものを整理してしまうという活動です。え、生きているうちに整理するなんて難しいとお思いになるかもしれませんが、実はこの生前整理をするタイミングは殊の外多いのです。
そのタイミングとして代表的なものは、大きな家から小さな家やアパートに引っ越すと時、また、法人ホームに入る時です。このような時も、多くの故人は、使わない物品をそのままご家族のもとに送る場合がありますが、そうしてしまうと、遺品整理のすべてがご家族の負担となってしまいます。そのため、使わないものが大量に出てくるタイミングで生前整理を行うのは非常にお勧めです。

生前整理は本人がやるため、ご家族に任せる場合ほどの負担がない!

ご家族が遺品整理を行うのがなぜ大変かというと、それは、捨てて良いものか否かの判断が難しいため、また、故人を失った心痛の中で遺品整理を行わなければならないためです。その点、本人が行う生前整理は、それらの原因が存在しないため、少ない労力で行うことができるのです。本人であれば、捨てるべきものか否かを判断することが容易ですし、ご家族に持っていて欲しいと思うものを残すこともできますよ。

生前整理を行うことは、思い出を整理することです。

家にあるお品物には、ご本人様の様々な思い出が詰まっていると思います。生前整理においては、それらを整理していくことになります。そのため、多くの方は生前整理の過程で、ご自分の人生を見つめ直す機会を得るようです。
人1人の人生には、実に様々な出来事が起こっています。何気ない出来事と思っていたものが、思い返してみると非常に素敵な出来事だったと気がつくことも少なくありません。生前整理は、そのようにご自分の 人生を振り返る機会としてもお勧めです。

体力がなくなる前に行いましょう。

生前整理は決して重労働ではありませんが、体力がなくなってくるとやはり大変になります。生前整理は体力に余裕があるうちに行うのが良いです。

是非とも生前整理を行いましょう。

このように、生前整理は非常にメリットの大きい行為です。まだまだ自分の先は長い!とお思いになっている方も、何かしらのタイミングを利用して少しずつ生前整理を進めていくことをお勧めいたします。

更新情報